マーケティングストーリーラボ(MSL)

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

News Update

『52週マーケティング』に関する記事一覧

顧客のリアルな本音&行動が見えてくる?いまどきのお中元・お歳暮事情

【食卓のリアルな事情&販促ヒント集】今回は前回好評だったギフトシリーズの第2弾!日本の風物詩でもある「お中元」と、同じくセットで語られる「お歳暮」まわりで面白い検索傾向を発見しました。顧客となりうる検索ユーザーの傾向から生活者のリアルな本音や行動が見えてくる…?ぜひ今後の販促にお役立てください。

肉ギフトをもっと “おしゃれ”に?検索トレンドにみる「新たな価値観」とは

生活者の購買動機の中でも、とりわけ「贈り物」需要は目的が明確&高単価が見込めるテーマのひとつではないでしょうか。 先日、牛肉など肉関連ワードのリサーチをしていた担当者との会話の中で、「肉関連の贈り物で少し面白い検索ワードの動きがあった」との情報をキャッチ。くわしく聞いてみると、「肉×ギフト」でのサジェスト候補上位に「おしゃれ」関連のワードが挙がってきて興味深かった、とのこと。 コトの真相を探るべく、「肉」の贈り物について調べてみることにしました。

生活者のこだわりを色濃く反映?最近の梅干しトレンドから販促ヒントを読み解いてみた

今回は毎日の食卓や弁当でもおなじみの「梅干し」をテーマに、生活者の関心を読み解いてみたいと思います。まずはGoogleでキーワード「梅干し」を検索(2022年4月現在)してみたところ、SERP(検索結果画面)で印象的だったのは主に「レシピ系(梅干し自体の漬け方/梅干しとあわせる食材や調理方法など)」と「健康系(梅干し摂取による効果や塩分に対する心配など)」の2軸でのページが上位獲得している点でした。

意外と生活者は知らない?年間検索数の推移を分類ごとに読み解いたら、商品特性にまつわる“隠れニーズ”が見えてきた

前回の牛乳テーマと同様に検索数推移とその検索タイミングから生活者の関心やニーズを読み解いてみました。今回は食卓でもおなじみの「はちみつ」というキーワードを例に、サジェストワードの検索数の推移からどんなことが読み解けるかご紹介いたします。 皆さん「はちみつ」と一緒にどんなキーワードで検索しているのでしょう?対象ワードとセットで検索される「サジェストキーワード」をセグメントしたうえで、直近一年間の検索数を集計し年間の検索数の平均からの差異をまとめたものがこちらになります⇒

大人だって楽しみたい!これからの「ひな祭り」について考える

3月のポピュラーな行事として真っ先に思いつくのが「ひな祭り」。3月3日の「ひな祭り」といえば女の子の成長を祝う日としてイメージされるのではないでしょうか? しかし近年「ひな祭り」は、単に「女の子のため」のものと限定せず、以前のような広い意味合いでの行事として関心を集めつつあるようです。 Googleトレンドで「大人 ひな祭り」「子ども ひな祭り」「家族 ひな祭り」を調査してみると、5年間でそれぞれのキーワードでの検索数が上昇しており、特に「大人 ひな祭り」というワードの検索数が2015年頃から大きく伸びていることがわかります。 この検索傾向が興味深かったので、もう少しこのテーマで深掘りしてみようと思います。

食品販促マーケティング担当者必見!牛乳のサジェストワード推移から“52週マーケティング”で読み解く、食卓のリアルな事情

検索エンジンでキーワードを入力して検索するとき、主なキーワードと一緒に入力されるワードをサジェストワード(以下サジェスト)と呼びます。上の表は、食卓でおなじみの牛乳と一緒に多く検索されているワードをいくつかピックアップし、2021年の月ごとの増減推移をグラフにしたものです。グラフの左から順に1月、2月…として表示しています。 この記事では、サジェストの月ごと傾向データを基にして、生活者の食卓でのリアルな事情から考える、有効なマーケティング情報など打ち手のヒントをお届けします。

商品販促に新視点! “52週マーケティング”の角度から、新たな商機を見つけ出せ

ネット上で様々な情報を調べる検索ユーザーも、突き詰めれば「生活者」。52週マーケティング(1年間の商品計画などを週単位52週ごとに立て、生活者のライフスタイルや購買データなどの情報をもとに、そのタイミングに応じて効率的に商品拡販をすべく施策設計・実行していくマーケティング手法)の視点でその時期特有の行事やテーマを特定し、そこでよく検索されるキーワードやタイミングなどの傾向を掴むことで、そのタイミングで最適な発信を実現してみませんか。