売上UPLTV向上戦略・動向・ノウハウが分かる!

マーケティングストーリーラボ

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

『自主調査レポート』に関する記事一覧

アジアを席巻!新鮮な生鮮食品が即時到着!マレーシアで話題のデリバリーサービスとは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」Nanaです。
いよいよ夏休みに突入し、暑かったり、スコールのような雨が降ったり、不安定な天候が続くなか、頻繁に買い物に行く時間も体力もない…と四苦八苦しているママも多いのではないでしょうか。
今回のテーマは、マレーシアでもてはやされているデリバリーサービス。日本にもこんなサービスがあったら、ママの悩みを一気に解決できそうなくらい、画期的なサービスです。なんと、オンライン注文後、一時間以内に注文品が手に入るサービスだそう。どのようなからくりがあるのか、現地在住ママの実体験をまじえながらご紹介します。

続きを読む…


シンガポール進出成功事例分析!1年半で4店舗展開。日系菓子店に学ぶ、成功のヒントとは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
仕事、家事、育児・・・毎日忙しいママたちの疲れを癒すちょっとしたご褒美といえばスイーツ!かくいう私もスイーツが大好きで疲れたときは、家族に内緒でこっそり楽しんでいます。
今回のテーマは、日本企業の進出先として挙がりやすいシンガポールでめざましい発展を遂げている日系菓子店を取り上げます。シンガポールといえば、流行り廃りのスピードも速い国。マーケットについていくには迅速な決断が必要です。当地で1年半という短期間で4店舗も展開をし、成功を収めているポイントとは?ぜひ、そのヒントをつかんでみてください。

続きを読む…


子どもの心をわしづかみ!オーストラリアのスーパーで大成功したプロモーションとは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
いつの時代も子どもたちの間で流行るものといえば「カードゲーム」。今や、世界中に人気が広がっている「ポケットモンスター」もルーツをたどると、本格的な国産トレーディングカードゲームとして1996年に発売されたのがはじまり。以来、20年以上愛され続けています。トレーディングカードの世界では、たった1枚のレアなカードを収集するのに数十万から数百万円を投資する人もいるとか!?気に入ったものを収集することは本能的なものであるとも言われていますが、ここまで来ると不可解でしょうか…。
今回ご紹介する事例は、オーストラリアのスーパーで子どもたちの収集欲に火をつけた、販促活動の好事例です。

続きを読む…


台湾・コンビニ各社の販促に学べ!子どもだけではなく大人をも夢中にする「秘策」とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
突然ですが、みなさんは一日、何回コンビニを利用していますか? なかには、毎日数回出入りする方も多いのではないでしょうか。コンパクトな店内に欲しいものがぎゅっと詰まっていて、ちょっとした買い物にコンビニはその名の通り「便利」ですよね。今やあって当たり前、「生活のインフラ」ともいえるコンビニ。その数は年々増大する傾向にあり、隣国・台湾でも、歩けばコンビニにあたるといわれるくらい、コンビニの数が多いそう。一番多い7-ELEVEN(セブンイレブン)は5,137店舗もあるとか(2017年3月末時点、同社HPより)。当然、競合がひしめく中、生き残り策は必須!日本でも、コンビニ各社が来店促進のために、さまざまなサービスや販促キャンペーンを展開していますが、台湾ではどんな施策が行われているのでしょうか。
今回は、そんなコンビニ激戦区の台湾で消費者を魅了してやまない販促キャンペーンをご紹介します。

続きを読む…


オーストラリア発!ママ大絶賛のWEBメディア「Bump Into Mums」、その人気の秘密とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所グローバルママ研究所」のNanaです。ぽかぽか陽気で過ごしやすくなるこの時期、外へお出かけする機会も多くなってくると思います。週末が近づくにつれ、私が2人の男児をもつ母として、ひそかに、頭を悩ませているのが、休み対策…。1日中家でじっとしているのはとうてい無理。外出しても子どもが楽しめるところでないと肝心の子どもたちは文句ばかりで、逆に親が疲れしてしまうなんてこともあります。こんなとき、海外ではどのようにしているのでしょうか?ヒントはオーストラリアにありました。今回は、子育てにやさしい国、オーストラリアに住むママからのレポート。さまざまなお出かけスポットやイベント、アクティビティ情報満載のサイトがオーストラリアで大人気なのだとか。子ども目線で楽しめるイベントだけではなく、ママが子育てから解放されることをねらった息抜きパーティーの紹介などもあり、ママのハートをがっちりとつかんでいるようです。確かにサイトをみると、その情報の網羅性やイベントなどコンテンツ自体の魅力、検索のしやすさ、ポップで見やすいデザインなど、バランスよく子育て世代のニーズを満たしています。子育て世代向けの集客やプロモーション対策などで活かしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む…


1 2