売上UPLTV向上戦略・動向・ノウハウが分かる!

マーケティングストーリーラボ

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

News Update

アメリカ・キャリア女性の心をつかむヒントはここに!プロチョイスが届く。その名もBENTO

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」Nanaです。

「仕事ではやっぱりきちんと見られたい!」

若いころは結婚もしておらず、子どももおらず、ショッピングを楽しめたのに今は時間に追われながらのショッピング…。昔は楽しかったはずの洋服選びが子育てするようになってからは苦痛というワーキングマザーは多いのでは。そんな「あまり楽しいことではなくなってしまった」洋服選びから、一気に解放されるサービスがアメリカで出現。これで仕事服選びに悩むこともなくなるかも!?簡単にいうと、洋服選びを「おまかせ」するサービスなのですが、そこにはどのようなからくりがあるのか、見てみましょう。


「Bento Box」と洋服?

 

不思議な組み合わせが思わず目を引くこちらのサービス「Bento」。働く女性向けのワードローブ・ブランドとして定評がある「MM.LaFleur」が新たにはじめたおまかせワードローブサービスのネーミングである。日本人からするとなぜ「Bento」なの?と思ってしまうが、どうやら、細かいもの、小さなものが色々一つの箱に入っている。そんなニュアンスで使われているようだ。今回は、全米でキャリア女性を中心に今話題の、定額制のワードローブおまかせサービスからアメリカ人女性の消費者心理を紐解こう。

 

ワードローブおまかせサービス「BENTO」とは?

福袋×プロのコーディネート?

サービスはいたってシンプル。「MM.LaFleur」が、購入者の嗜好や傾向を踏まえながらプロが選んだ自社商品のコーディネートを一つの箱にいれて配送するというものだ。一つの箱の価格は、110ドルから325ドルとそこまで高額ではない。また、これは、単なるコーディネートサービスではない。オーダーにより価格は異なるが、中に入っているものをすべて正規価格で購入した場合、700ドル程度かかるとのことで、福袋的なおもしろさも魅力の一つだ。

 

一風変わった質問から深層心理に迫る!

購入するまでに聞かれる質問もユニークだ。仕事場のドレスコードから職種、役職、サイズ、年齢、どのようなスタイルが好みかなど多岐にわたる。ドレススタイルなのか、スカートが好きか。フェミニンなスタイルが好みか、パンツスタイルが好みか、最初はこんなざっくりとした質問からスタート。たとえていうなら、だんだんと冒険ゲームを進めているような、そんなワクワク感とおもしろさがある。続いては、それぞれのオフィスで許されているドレスコードについての質問。職種を選ぶ質問もある。科学者、保育者、カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、弁護士、ジャーナリスト、教師など選択肢の項目だけでも18種類に及ぶ。そして役職も選ぶ。何よりも筆者がなるほどと感じた質問は、どのような女性を尊敬しているかという項目だ。確かに、その服を着る人の感性が現れる質問だと思う。そして、普段よく着るブランドの名前、サイズ、自分の体型などと質問は続く。

 

自分がどのような着心地の服、例えば、ぴったりした感じが好みか、ゆったりが好きかという質問まであり、至れりつくせりだ。これらの情報を元に、プロのスタイリストが2~3着のドレス、小物、アクセサリーなどをコーディネート、それが依頼主に届くのである。もちろん、気に入らなかった場合の返品は簡単だ。タグを外していない未使用の状態であれば、4日以内であれば送料無料で返品できる。これらの質問を客観的に見ていると、いかにもアメリカらしいと随所から感じる。アメリカ人の金銭感覚は、大阪商人に近い。ケチとも違う、納得がいかないものにお金をかけることへの大きな抵抗感があるのだ。よって、日本の通販などで展開されている、サイズだけを知らせてあとはスタイリスト任せという企画や、頒布会のように「毎月こんな感じのお洋服が届きます」というようなサービスは受けない。「福袋」風な賭けはしたくないけれど「福袋」に興味がある。そんな矛盾するようなちょっとした罪悪感は、このたくさんの質問に答えることで、肯定できるのではないか思っている。

そこが、アメリカ全土の女性たちから熱烈に支持されはじめているゆえんだ。

「MM.LaFleur」公式ページ

 

「MM.LaFleur」公式フェイスブックページ

 

「MM.LaFleur」公式インスタグラムページ

 

支持されている背景・理由

面倒を省いてくれるし、リーズナブル!

世の中には無類の買い物好きもいれば、出不精で、せっかくの休みの日に混雑したショッピングモールへ買い物になど行きたくないという考えの人もいる。また、もともとは買い物好きだったとしても、働くママであれば、休みの日の買い物も子どものものを購入するので精一杯、ましてや子連れでの買い物などは地獄。そんな方も多いのではないだろうか。しかし、仕事着は大事だ。TPOに合わせて、オフィスでの仕事着を選ぶ能力は仕事の評価にも通じる。そんなジレンマを一気に解消してくれるのがこのサービスだ。プロのコーディネートが定価よりも安く、しかも比較的手ごろな価格で家に届く。これは率直にいって、魅力的ではないだろうか。メニューを考えなくても、家族の人数などに合わせておいしい食材が届く。そんな日本では当たり前の食材の宅配サービスとも重なるものがある。福袋的な発想プロのコーディネートを併せ持ったサービスは非常に合理的。それゆえ、アメリカ人の心をしっかりつかんでいるといえる。

アメリカ人女性の心をくすぐる3つのポイント質問に楽しみながら答えるだけでOK!

1.質問に楽しみながら答えるだけでOK!

アメリカならではのユニークな細かい質問に答えるだけ。あとは、ワードローブのプロがぴったりの仕事着をコーディネートしてくれる。

 

2.想定と違えば気軽に返品OK!

通販であれば「思ったのと違った」商品が届くこともよくある。その場合は、気に入らなければ、返品も可能だ。

 

3.福袋的な楽しみ方ができる!

通常よりも安く、いろいろなものが詰まっている。まるで「福袋」のような楽しみがある。


何が入っているかな?と弁当箱を開けるときのワクワクする気持ちと同じく、自宅に届いた「BENTO BOX」を開けるときはきっとワクワクするはず!時間が限られているワーキングマザーの強い味方となりそうなこのサービス。今後、日本においても労働力不足を背景に働く女性が増えることが予測されており、類似業態がいろいろと出てきそうですね。

 

グローバルママ研究所

世界33か国在住の170名以上の女性リサーチャー・ライターのネットワーク(2017年4月時点)。企業の海外におけるマーケティング活動(市場調査やプロモーション)をサポートしている。
http://gm-ri.com/