マーケティングストーリーラボ(MSL)

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

【資料ダウンロード付】CVをアップさせる魅力的なキャッチコピー

消費者を「捕まえる」肉食系キャッチコピーのつけ方無料ダウンロード

「ECサイトをつくったけどなかなか売上につながらない」 「カタログを送っているのに反応がない」 …このようなことはありませんか? スムーズな購買行動を生み出すコトバの選び方から 購入意志決定をさせるまでの秘訣を、事例を交えながら解説します。

資料はこちら

CTRを上げる魅力的なタイトルって?

SEOの文脈では、記事タイトルの重要性が語られることがよくあります。検索エンジンに表示されたタイトルが、ユーザの検索意図と合致していれば、クリックしてもらえる。すなわちユーザを自社サイトに招き入れることができるからです。

ほとんどのWeb担当者は、ターゲットに設定した検索ボリュームの多いキーワードを使って、記事にタイトルを付けます。筆者も、記事の中身がしっかりと伝わり、ユーザの検索意図と合致した、正確なコトバで書かれたタイトルを付けることを目指しています。

ただ、言葉の正確さ、検索ボリュームの大きさ、適切な言い回しだけでは不足していることもあります。それは、ユーザがクリックしたくなる、記事を閲覧してみたくなる、タイトルの魅力です。

グーグル日本語辞書によると、キャッチコピーとは「人の注意を引く宣伝文句」とあります。ユーザがクリックしたくなる、魅力的なキャッチコピーを使って書かれたタイトルならば、より多くのユーザの目に留まり、CVを高めてくれることでしょう。

CVアップのためのキャッチコピー

ほとんどのお客様は、タイトルと商品情報だけで、十分に商品の魅力を受け取ることができません。キャッチコピーは、商品の特長を短いフレーズの中で表現し、商品的な価値を十分に伝え、購買のきっかけを作るために必要になるのです。

売るために求められるキャッチコピーとは、「肉食系 消費者を「捕まえる」キャッチコピーのつけ方」と題した資料をダウンロードいただけます。
資料の中では、陥りがちなダメパターンとして、以下が挙げられています。
・わかりにくい型
・レシピ型
・知ってますよ型
・うさんくさい型
皆さんのキャッチコピーは、このようなダメパターンに陥っていませんでしょうか。

イメージを促す・臨場感を生む・くらしを提案するなど、「売る」ためのキャッチコピーの3要素や、「売れる」ために考慮すべき要素などを、以下の資料で事例を交えてご紹介しています。
資料をダウンロードして、詳細をご確認ください。

–——————————————————————————————————————————–

消費者を「捕まえる」肉食系キャッチコピーのつけ方無料ダウンロード

「ECサイトをつくったけどなかなか売上につながらない」 「カタログを送っているのに反応がない」 …このようなことはありませんか? スムーズな購買行動を生み出すコトバの選び方から 購入意志決定をさせるまでの秘訣を、事例を交えながら解説します。

資料はこちら

———————————————————————————————————————————