マーケティングストーリーラボ

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

News Update

『ブランディング』に関する記事一覧

ブランディングはなぜ必要?事例もあわせてご紹介

だんだんと涼しい日が増えてきて、夏の終わりを感じる今日この頃。これから来る秋や冬に向けて衣替えの季節ですね。服だけではなく、カーペットや布団など、部屋の模様替えを行う人も多いのではないでしょうか。家具を買い替える、そんなときに皆さんはどのお店を思い浮かべますか?私は「お、ねだん以上。」のニトリです。低価格で品質も安心なため、引っ越しや家具の買い替えの際は毎回利用しています。
では、なぜ私は「低価格で品質も安心」と感じ 、そして「家具を買うならニトリ」と選択したのでしょうか。今回は、企業が自社のブランド価値を高め、「○○なら○○(自社サービス)」という認識をターゲットである顧客に浸透させるためのマーケティング手法の1つ、「ブランディング」についてご紹介します。

続きを読む…


おったまげーラグジュアリー市場の変化

こんにちは、shimiです。先日来る社会人生活にむけ断捨離を行っていたら、懐かしい写真がちらほら。思わず断捨離を中断、写真を見て昔を懐かしんでいると、私にそっくりな顔で、前髪をとさかのようにし、派手なスーツを着ている母の写真を発見しました。母に聞いてみると、私と同じくらいの年の頃の写真とのこと。やはりバブル期の女子大生は違うなと心から感じました。
さて今回は、バブル期には海外の路面店に多くの日本人女性が押し寄せた、高級ブランドなどのラグジュアリー市場の変化についてみていきましょう。

続きを読む…


【フランス販促事情】活字離れを防げ!デジタル時代にいちはやく対応する新進気鋭の子ども新聞が手掛ける販促施策とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。デジタル化が進んでもなんとか子どもに新聞を、活字を読む習慣を身につけさせたい。親がそう願う気持ちは世界共通ではないでしょうか。ところが、いざ子ども新聞を購読してみても、毎日新聞の山が高くなるだけ!?親が思い描いたように進みません。そしていつの間にか挫折の道へなんてことも…。
今回はフランスからのレポート。新聞社でもないのに子ども新聞を発行し、親子でリピートしているという、とある新聞の人気に迫ります。

続きを読む…


女性たちが共感するキャッチフレーズとは??

こんにちはインターン生のshimiです。先日卒業旅行へ行ったのですがその際、友人3人のガイドブックが偶然被ってしまう事態が発生しました。旅行のガイドブックを選ぶ際の基準は人それぞれかと思います。いったい何が彼女たちを魅了したのかと、ガイドブック被りを起こした友人たちにその基準を聞くと、デザートに関するお店が豊富であること、かわいい雑貨のお店がたくさん載っていることがあげられました。私が重要視していた、地図や建造物の歴史の詳しさは、ネットを見ればいいとのこと、、、。友人3人のガイドブックは、それらの情報が網羅されており、女性たちから共感を得て、売り上げを伸ばすことの重要性を感じました。今回は、女性たちの変化に合わせ、その時代の女性から共感を得ることに成功した、企業のキャッチフレーズを見ていきましょう。

続きを読む…


【北米トレンド事情】全米で話題!CMから大ブレイク!本格的なおうちカフェが楽しめる「One Touch Latte」

 

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」Maikoです。仕事や家事・子育てなど忙しい毎日をおくるなかで、少しでもゆったりとした時間を過ごしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんなときに強力な助っ人となりそうな商品がアメリカで話題に。なんでも、自宅で手軽に本格的なカフェラテが楽しめるアイテムだとか。果たしてどんなグッズなのでしょうか!?また、昨今、欠かせないといわれるSNSプロモーションについても必読です。

続きを読む…


1 2