マーケティングストーリーラボ

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

News Update

コンテンツSEO、WEB集客なんて簡単だ!

こんにちは。みなさんは3連休楽しく過ごせたでしょうか?そんな余韻に浸る間もなく、「CVM会議」の鬼編集長からの要請(という名のプレッシャー)を受け、本稿を書き進めております。。
さて、今回は昨今(といっても結構前からですね)話題のコンテンツマーケティングに関連して、「コンテンツSEO」に関してです。
%e5%9b%b31

社内でコンテンツSEOセミナーを開催しました!

実は、弊社社内においてコンテンツマーケティングの鬼←自称(鬼が多いなこの会社は…)と呼ばれる自分は、先日コンテンツSEOに関する社内セミナーを実施いたしました。
ちなみに、セミナータイトルは下記の通り。
「コンテンツSEO、WEB集客なんて簡単だ!」
~ちょっとのコツでWEBライティング、WEB集客の成果が出るルール教えます~
我ながら攻めたタイトル付けたなーと思います。
ただ、内容はいたってまじめで、クライアント企業様のサイト、自社サイト、自身のサイト等様々なサイト運営の経験を通じて得た、検索上位に表示させるためのノウハウを、1時間にギュッと絞り込んだ内容にてお話しした次第です。
今回は、そんなセミナーでお話しした内容を元に、明日から少しでも業務のお役に立てる情報をご提供できればと思います。

検索上位表示されると何がいいの?

こんなことから書き始めると一気に離脱が増えそうですが、大事なので最初から丁寧に・・。

ズバリ、ビジネスチャンスが増えます。

上位表示されるということは、それだけ検索ユーザーの目に触れる機会が増えるということですので、当たり前のことではありますが、

・問合せが増える
・広告媒体としての価値アップ
・他社とのコラボレーション機会増

上記のようなメリットが考えられます。
弊社のクライアント企業様で、あるワードで(結構なビッグワード)検索上位表示される企業様がいらっしゃいますが、検索から流入したTV局やラジオ局担当者からの出演問い合わせが多くあるとのこと。それが結果的に自社のPRにつながるのです。
※上述の会社は人数が数名の会社様ではありますが、検索上位表示されれば、広告費やPR費を使わずとも自然とPRの機会を得ることができるのです。
inquiry

コンテンツSEOの良いところ

さて、そんなメリットのある検索上位表示ですが、その結果を得るためのアプローチはいくつか考えられます。その中でも今回お勧めしたいのは「コンテンツSEO」です。

広告費を抑制でき、コンテンツという資産が残る

自社サイトへの集客のため、検索上位表示させることは、一朝一夕でできることではありません。そのため、まずは広告費を使って集客を図る選択をされることは多いことと思います。
しかし、広告費を使っての集客は、コンバージョンという結果が伴えば売り上げや問い合わせという果実を産み出しますが、表示されるだけ、クリックされただけ、で予算を大幅に消化し続けることも大いにあります。

続ければ続けただけ、集客のための資産が残る

コンテンツを継続的に制作し、発信していくことは時間も労力もお金もかかりますが、
(あまり見られないコンテンツも同時に量産することもままありますが)集客の核となるコンテンツが増えてくれば、予算をかけずとも自動的にサイト集客してくれる資産が自分たちのサイトに残っていく形となるのです。(以下セミナー時の資料参照ください)
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

ちなみに、過去に私が書いた本サイトの記事http://cvm.c-gp.com/?p=744は、
「SEO 機能制限」
「キーワードプランナー 機能制限」
と検索すると3位に表示されます。(16年10月現在)
お試しください。
※9月は1位だったんですけどね・・。1位じゃないと説得力が・・。悔しい・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はセミナー内容冒頭の説明で、結構な文字数になってしまったためこの辺で筆を置きたいと思います。
編集長の許可は得ていませんが、勝手にシリーズものとして連載してい(くことに今決めた)きたいと思います。(全6回くらいの予定?)
次回は「SEOって時代遅れ?」といったテーマでご説明いたしますね。
でわでわー!

イーサン
ミッションインポッシブルに出演していないほうのイーサン。2人の男児の父。
昨年5kgのダイエットに成功したものの、社内では痩身の様子が病的だと噂され評判が悪い。趣味はランニングと料理。