マーケティングストーリーラボ

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

News Update

【フランススーパー事情】日本でも導入なるか?ネットスーパーの新形態! イライラ解消の「ドライブスルー・ショッピング」とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
毎日、家庭で消費する大量の食品や消耗品。不足するたびに購入する必要があり、スーパーやショッピングセンターを往復する日々は、永遠に続くかのよう…。最近では、お米や洗剤など、何かと負担になる買い物はネットショッピングで済ませる人が多いようですが、購入頻度の高い生鮮食品や日用品こそ、時短で済ませたいもの。そんな中、フランスで話題となっているのが、買い物のドライブスルー・サービス。買い物時間を最小限に済ませたいママたちに受けているようです。

フランスの都市部郊外に点在する大型スーパーでは近年、「Drive(以下ドライブ)」と書かれた看板をよく目にするようになってきた。実はこれ、フランスのネットスーパーにおいて主流となっている「事前にネットで購入を済ませ、自分の車で取りにいく(=ドライブスルー)」システムだ。ネットスーパー自体は2000年初期から存在していたものの、当時は、自宅などの指定先まで配達するサービスが一般的だった。ところが今では、どの大型スーパーにも「ドライブ」専用のスペースが設けられるようになっている。フランスで「ドライブ」型のネットスーパーが、どのように躍進を遂げたのか、その理由に迫る。

「ドライブ」型のネットスーパーとは?

フランスでネットスーパーが必要とされる背景と「ドライブ」利用手順

フランス国内のスーパーは一般的に、日曜日が休業の店が多い。したがって、平日働いている人たちの買い物は土曜日に集中することになる。特に土曜日の夕方は、駐車スペースを見つけるのも、店の中を歩くのも一苦労。その上、レジは長蛇の列…と、ストレスは溜まるばかりで、小さな子どもがいると、なおさら大変だ。しかし「ドライブ」なら、専用のパーキングがあり、注文した商品の車への積み込みまで、すべてお任せできる。実に優れたサービスなのだ。サービスの手順は、いたって簡単。オンラインで商品を選んで決済し、最寄の店舗での受取日と時間を指定するだけ。夕方までに注文を済ませておけば、翌日の朝に受け取ることも可能だ。受け取りは、予約した日時に車でスーパーのドライブ専用スペースまで出向き、店員に、商品を車に積んでもらったら完了。「車を停めてから、荷物を積み込むまで5分以内!」と、そのサービスの速さを売りにしているところも多い。

従来のネットスーパーより格段に飛躍し続ける「ドライブ」の魅力とは?

躍進中の「ドライブ」は、従来のネットスーパーとどう違うのだろうか?店によっては、ネットで購入後、客が自分で取りに行くか、家まで配達してもらうかのどちらかを選択できるようになっている。しかし、ネットスーパー利用者の多くは、時間が限られている忙しい世代。予定時間通りに来るとは限らない配達を待つより、自分で取りに行ったほうが早いと考える利用者は少なくない。節約志向の強い国民性だけに、最少購入額の設定がなく、配達料金がかからないところにも、魅力を感じるのであろう。さらには、従来の配達では頼めなかった冷凍食品の購入が、可能になっていることも利点のようだ。ネットスーパーが進出し始めた当初、一部のスーパーでは、商品の価格が実店舗より高く設定されていたり、購入できる品数が少ない傾向があった。その問題も「ドライブ」の競争激化により解消されつつあり、実店舗とほぼ同様のサービスが受けられるようになっている。「ドライブ」の登場により、フランスのネットスーパーのサービスは、多角的に向上したといえるだろう。


参考URL
ネットスーパー一例「オーシャン・ドライブ」https://www.auchandrive.fr/
ネットスーパー一例「ルクレール・ドライブ」https://www.leclercdrive.fr/
ネットスーパー「ドライブ」サービス比較サイト1 http://www.courses-drive.com/comparatif-drive.htm
ネットスーパー「ドライブ」サービス比較サイト2 http://www.guide-supermarches.com/comparer-supermarche-course-en-ligne.php?keyword=
ネットスーパー「ドライブ」サービス比較サイト3 https://socialcompare.com/fr/comparison/comparatif-des-supermarches-drives

支持されている背景・理由

購入できる商品の選択肢が増え、追加料金がかからない

自分の都合のいい時間に取りに行けるため、配達のために、自宅待機をする必要がない。さらに、冷凍食品も含め、購入できる商品の選択肢が増えたことが支持につながったようだ。サービス料など、買い物以外の別料金がかからず、注文最低額の設定がない点も「ドライブ」の支持を広げている理由だと考えられる。

フランス人ママの心をくすぐる3つのポイント

1.翌日の朝から受け取りが可能

すべての行程において、時間短縮できるのが大きな利点だ。都合のよい時間に取りに行けるため、配達を待つストレスもなく、配達が遅れるのが当たり前のフランスにおいては、重要なポイントといえる。

2.注文最低額の設定がなく、無駄遣いを防げる

ドライブには、注文最低額の設定がない。設定がある場合、すぐに必要ではない日用品を購入して、最低額を満たす必要があるが、ドライブでは無理なまとめ買いをする必要がない。

3.実店舗と同じ商品数&価格でサービス料ゼロ!

ドライブの競争も激化し、実店舗と同価格・同商品数を謳う店も多くなっている。これにより、配達では受け付けていなかった冷凍食品の取り扱いが増えたことも、大きなポイントだ。受け取り時には、車への積み込みサービスもしてくれるが、追加料金は一切かからない。

 

自宅に届けてくれるネットスーパーとは少し違うフランスのドライブスルー・ショッピングいかがでしたか?送料や注文最低額がない、またサービス料なども発生しないのはとても魅力的です。せっかくの週末、買い物にかかる時間を少しでも減らしたいママの心理をしっかりとつかんでいます。ますます進化していくネットショッピングの動向、見逃せません!

 

グローバルママ研究所
世界35か国在住の200名以上の女性リサーチャー・ライターのネットワーク(2017年12月時点)。企業の海外におけるマーケティング活動(市場調査やプロモーション)をサポートしている。