マーケティングストーリーラボ(MSL)

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

【セミナーレポート】7月9日開催「CVR最大化×顧客体験価値向上につながる!サイト改善とコンテンツマーケティング効果最大化」

2020年7月9日(木)に「CVR最大化×顧客体験価値向上につながる!サイト改善とコンテンツマーケティング効果最大化」と題して、弊社YUIDEAと株式会社WACUL様と共催セミナーを開催しました。今回はそのセミナーレポートをお届けいたします。

デジタルマーケティングで圧倒的な成果をあげることができていますか?

第1部は株式会社WACUL マーケティング&セールスグループ部長 相原光博氏による「CVR2倍以上の実績多数!AIアナリストが実践する 「データから改善施策を生み出す」手法」です。相原氏の冒頭の質問から第1部のセミナーがはじまりました。

Googleアナリティクスで使うデータの切り口は5つのみ

サイト運営に欠かせないアクセス解析ツールGoogleアナリティクスは機能が多いにも関わらず、ほとんどの人がその機能を使いこなせていません。そこで、相原氏はサイト改善に活かすためにGoogleアナリティクスで使うべきデータは「チャネル(流入元)」「ランディングページ」「すべてのページ」「フォーム」「デバイスカテゴリ」の5つであると紹介しました。

また、アクセス解析を用いたサイト改善の流れには「大通りを見つける」「改善箇所の特定」「アクション後の効果検証」の3つのステップが必要となります。

ステップ1「大通りを見つける」とは、訪問数の多い領域を発見して、優先度を明確にすることです。運用担当者が気になるデータを基に、誰も見ていないページを改善してもインパクトは小さいと考えられます。訪問者数が多いページを優先的に改善することで改善効果が大きくなることが期待されます。そのために「チャネル(流入元)」×「ランディングページ」×「デバイス」のデータに着目することが大切です。また、ステップ2「改善箇所の特定」では大通りの中で特に改善すべきページを特定し、ステップ3「アクション後の効果検証」では改善効果があったかどうかを見極めることが必要であり、この3つのステップでPDCAを回していくことが重要であると紹介していました。さいごに、データの分析、改善点の洗い出し、優先度づけ、そして効果検証まで、WebマーケティングのPDCAをサポートするWebマーケターには必須のツール「AIアナリスト」https://wacul-ai.com/)を紹介し、講演は終了しました。

コンテンツマーケティングの目標は購買行動やファン化を促すことにあり

第2部は株式会社YUIDEA エンゲージメントコミュニケーション事業部門 豊川敏史 後藤未央による「”顧客体験価値”重視で成果が変わる! コンテンツマーケティングの企業事例と成功のコツ」です。

前半はマーケティンググループに所属する豊川よりYUIDEAが考えるコンテンツマーケティングについて説明しました。コンテンツマーケティングでは、「企業が伝えたいこと」と「生活者が知りたいこと」をつなげる役割をもつコンテンツを適切に届けることが求められています。情報をうけとったユーザーに「いいね!」と思ってもらい、企業ブランド・サービスへの共感を集め、最終的には購買行動やファン化を促すことがコンテンツマーケティングの目標であると紹介しました。

分析結果【過去の事実】とコンテンツ【イマ・未来の仮説】を組み合わせることが「顧客体験価値」の第一歩

後半は編集チームに所属する後藤より、コンテンツマーケティングの成功のコツ、事例を紹介しました。

 

ユーザー行動を促進するためには、もちろん、「アクセス解析に基づくユーザー動態」の把握・理解もポイントですが、いかにアウトプット=コンテンツで共感を得られるかという点も重要となります。伝わるコンテンツをつくるうえでは、企業の商品の開発や販売などのすべての活動を価値の連鎖として捉える「バリューチェーン」を理解すること、その商品や企業の価値を伝える「ストーリーテリング」や、それをお客さま目線に変えて伝える「ビジュアルマーチャンダイジング」などコミュニケーションの作り方とその適切な手法を、担当者個人の主観に偏らない「ターゲット理解」「顧客とのタッチポイントなどを幅広く理解」することが重要となります。

さいごに「顧客体験価値」を高めるコンテンツマーケティングを取り組むには、過去の事実である分析結果と、イマ・未来の仮説であるコンテンツを組合せることが重要であり、そのためにまずは「自分ゴト化と行動化」が大切であるとまとめました。

 

今回、「サイト改善」と「コンテンツマーケティング」をキーワードにした2つの講演内容について紹介しました。新型ウイルス対策のため当日はオンラインでの開催となりましたが、多くの方にご参加いただきました。誠にありがとうございます。

 

YUIDEAでは、今後もコンテンツマーケティングや通販事業支援などをテーマに、皆様のお役に立てるセミナーを開催していきますので、ぜひご参加ください。