マーケティングストーリーラボ(MSL)

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

イマドキ若者の検索は「Instagram」で! 流行は「進化系トースト」

こんにちは。「CVM会議」学生インターンのUmeです。

みなさんは朝ご飯に何を食べますか?
私はトーストが好きです^^
パンの上にいろいろな具材を載せることができるし、焼いている間に着替えなどの身支度ができるのでいいですよね。

最近さまざまなアレンジ料理が話題になりますが、先日テレビで「進化系トースト」の特集をしていました。

続きを読む…


初めてのネットオークション!

こんにちは。
花粉レーダーをとらえ、今年も花粉症と闘うUmeです笑

みなさんはリラックスしたいとき、元気をチャージしたいとき、どうしてますか?目覚ましをかけないで好きなだけ寝る、ペットと遊ぶ、好きな映画を見る、スポーツをして汗を流す。。。などいろいろありますよね!

続きを読む…


便利とワクワクの狭間で…。ECサイトと店舗

大好きな季節・春の到来に、テンションが上がっているMOYOです。先日、「春だし!春っぽい明るい色のパンプスでも買っちゃおうかな!」と思い立ち、とある百貨店の婦人靴売場に行きました。

091691d37eec7639a4e18a54fc98b17e_s

いつもと違う店舗に行ったこともありますが、婦人靴フロアに行くと
「あ、何かいい」
と直感的に感じた私。

続きを読む…


シニアはネットで、若者はコンビニで〈健康食品に関する自主調査①〉

昨今の「健康食品」ブーム、その勢いは止まりません。
お茶やコーヒー、コーラはもはや当たり前、“トクホビール”までが登場した2015年。4月には「機能性表示食品制度」が開始、各メーカーから次々と新商品が発売されましたね。
実際、生活者は健康食品にイメージを持たれているのでしょうか。今回は、30代~60代の男女2200名に対して調査を実施しました。

続きを読む…


女子大生が選ぶ「本当に使いやすいレストラン予約サイト」

こんにちは。「CVM企画室」なるマーケティング部署でインターン中のYURIです。みなさん、職場の飲み会、友達との週末ランチ、家族との記念日ディナー・・・。そんなときのお店探しに、レストラン予約サイトは何を使っていますか?

yos0027-054

「ぐるなび」「食べログ」「ホットペッパー」の大手サイトに加え、最近はグルメな人がおすすめするお店を紹介する「Retty」、お店の料理人にもスポットを当てた、「ヒトサラ」など、他社と差別化したこだわりのサイトも増えてきました。

私は最近、「一休」というサイトを使っています。使い始めたのは2ヶ月ほど前のこと。一緒に食事をした友人が「このお店、『一休』で予約した」と教えてくれました。友人曰く、「大学の友達、最近みんな使ってるよ!」とのこと。「友達がそこまで言うなら、ちょっと見てみようかな」と、サイトを見てみました。

19a020ab61daa59055e8753b0104f30f_s

お店選びは、まず日付、時間、人数、エリアを選びます。すると要望に合ったお店が一覧で出てきます。時間は30分刻み、人数は1名~99名まで選択肢があり、どれも入力せずクリックで選ぶだけ。料理のジャンルも細かく指定ができ、「ブッフェ」「ビアガーデン・BBQ」など、大学生に嬉しいカテゴリもあります。

「さらに条件を追加」すると、予算の下限・上限を500円刻みで設定できたり(これは嬉しい!)、「景色が良い」「海が見える」「一軒家」など、細かいロケーションを設定できることには驚きでした。

次に目についたのが、店内や料理などの写真の鮮やかさ。ユーザー投稿による写真ではないので、まるでグルメ本を見ているようで気分が上がります。

当日のコースのメニューもサイト上で一つ一つ確認でき、お店のクチコミも質が良い…というか、良いことも悪いことも具体的に書かれているものが多い印象。どんなお店なのかイメージしやすく、不安が解消されました。

先日、家族の誕生日に都内のレストランを予約してみました。予約フォームの備考欄に「誕生日なので、デザートにメッセージプレートを。景色のよい窓際の席で」とお願いしました。その後間もなく、予約したお店から直接連絡が来て、何度かメールでやりとり。細かなすり合わせができたので、安心でした。

当日もスムーズ に案内していただき、サプライズ演出を前に家族全員大満足! このように、記念日の要望や座席の希望などを、サイトからの予約時にも細かくできる便利さも、「一休」の魅力の一つだと思います。

95e665c24245eaea06735343b9881420_s

そして使い始めて気づいた最大の魅力…それは何といっても「高割引率」です。これには本当に圧巻…!

例えば、通常7000円のコースが「一休限定で3500円!」と半額になっていることも珍しくありません。「全プラン40%オフ! 期間限定タイムセール」など、通販サイトのようなタイムセールを開催していることもあります。他のレストラン予約サイトと同じコースでも、一休のコースには乾杯用シャンパンがついていることも。

この「嬉しすぎるお得」の理由は、平日の「16時」など、お店が空いている時間帯に限定したコースだったり、オープン間もないお店でキャンペーンを兼ねたサービスだったり、お店によって様々なようです。時間は融通がきくけど、お金がない(涙)学生にとっては、うれしいポイントです。

サイトのデザインやビジュアルも大事、お店を細かなシチュエーションで選べ、入力せず選ぶだけという使いやすさも大事、お得感も大事…。そんな欲張りな女子の思いを満たしてくれる「一休」が、私にはぴったりでした。

ユーザーの属性によって使いやすいサイトはそれぞれかと思います。使う側の気持ちになって、気にするポイントを押さえたサービスを展開したいですね。

YURI
2015年12月から「CVM企画室」なるマーケティング部署でインターンをしております。大学のゼミで国際経営学を勉強中。趣味はフラダンスと韓国語。3月から半年間アメリカへ留学に行ってきます。日課は万歩計のチェックとお風呂上がりのアイス。モットーは「何事も継続は力なり!」


1 33 34 35 36 37 38 39 40