マーケティングストーリーラボ(MSL)

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

【セミナーレポート】12月13日開催「ビジネスをグロースするコンテンツマーケティングとは? 「成果を見える化」して「問い合わせ」を獲得するオウンドメディアの 企画と運用のコツ」

2018年12月13日(木)に、「ビジネスをグロースするコンテンツマーケティングとは? 「成果を見える化」して「問い合わせ」を獲得するオウンドメディア(LP)の 企画と運用のコツ」と題して、弊社YUIDEAと株式会社Ptmindとの共催セミナーを開催しました。今回は当日の講演内容の概要とポイントをご紹介します。

続きを読む…


ロシアW杯のスポーツ観戦アプリがヒント!顧客とのエンゲージメントを高めファン化を促進する施策とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
2018年の夏、世界を熱狂の渦に巻き込んだあのイベントといえば、ロシアで開催されたW杯(ワールドカップ)。ワールドカップ効果の影響か、ロシアの人々の間で急速にあるアプリが広まっているそう。それは、忙しいモスクワっ子たちが移動時間や待ち時間に簡単に試合結果やお気に入りの選手情報をチェックできる試合観戦アプリ。このアプリには、オープンチャットという世界中のサポーター同士が気軽につながることができる機能がついていることから、大人気なのだとか。今回は話題の『オープンチャット』機能についてふれながら、この機能がどのように顧客とのエンゲージメントを高めファン化の促進につながっているのか、チェックしていきましょう。

続きを読む…


オンラインストアと学校の先生がタッグを組む? 最新の米国・新学期商戦の戦い方とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
学校の開始時期は異なるものの、どこの国でも新学期前は流通業界にとって一大商戦期。日本でも、スーパーやデパート、オンラインストアでは、ランドセルや文房具など、学校に関連する必需品の販売コーナーができ、売上向上に力を注いでいます。
ところ変わって、消費大国アメリカでは8月から9月は日本とは比較にならないほど大規模な商戦期の一つ。そして、Amazonに代表されるオンラインストアが出てきてから、この商戦の戦い方が劇的に変わりつつあります。それは、消費者である保護者のみならず、学校や先生とタッグを組み、巻き込んでしまおうという画期的なもの。購入時間の短縮や買い間違いを防ぐなど先生、保護者ともにメリットもありオンラインストアの企業側にとっても、クラス単位で顧客を増やすことが可能になるまさにwin-winな戦略。米国・新学期商戦の最新事例を覗いてみましょう。

続きを読む…


1 2 3 4 5 6 7 8 41