マーケティングストーリーラボ(MSL)

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

『アメリカ』に関する記事一覧

オンラインストアと学校の先生がタッグを組む? 最新の米国・新学期商戦の戦い方とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
学校の開始時期は異なるものの、どこの国でも新学期前は流通業界にとって一大商戦期。日本でも、スーパーやデパート、オンラインストアでは、ランドセルや文房具など、学校に関連する必需品の販売コーナーができ、売上向上に力を注いでいます。
ところ変わって、消費大国アメリカでは8月から9月は日本とは比較にならないほど大規模な商戦期の一つ。そして、Amazonに代表されるオンラインストアが出てきてから、この商戦の戦い方が劇的に変わりつつあります。それは、消費者である保護者のみならず、学校や先生とタッグを組み、巻き込んでしまおうという画期的なもの。購入時間の短縮や買い間違いを防ぐなど先生、保護者ともにメリットもありオンラインストアの企業側にとっても、クラス単位で顧客を増やすことが可能になるまさにwin-winな戦略。米国・新学期商戦の最新事例を覗いてみましょう。

続きを読む…


【米国ビジネス事情】SNSにより新たな広がりをみせるスポーツ産業。50兆円マーケットが成り立つ理由とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
まだ記憶に新しいロシアサッカーワールドカップ、2020年東京オリンピック開催の影響で、日本でもスポーツ観戦人気がますます高まっています。一方、スポーツ大国アメリカに目を向けると、野球、アメリカンフットボール、バスケットボール、アイスホッケーなど、数えればきりがないほどスポーツの種類も豊富です。スポーツ産業の世界市場において、50兆円規模にもおよぶというアメリカ。アメリカでは、なぜここまでスポーツ産業が巨大ビジネス化しているのでしょうか?さらに近年、SNSによりスポーツ産業も新たな広がりを見せています。今回はアメリカのスポーツ産業に焦点を絞り、カテゴリ別に集客効果などをチェックしながら、その成功の秘訣を紐解いてみましょう。

続きを読む…


【アメリカ西海岸教育事情】幼稚園児がコーディング!?テクノロジー教育の最前線!?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
FacebookやAppleなど、時価総額が世界トップクラスのハイテク企業が軒を連ねるだけあって、一歩先を進んでいるアメリカ西海岸の教育事情。今回はLA在住の子育て真っ最中のママさんからのレポートです。テクノロジー教育の最前線をのぞいてみましょう。

続きを読む…


【アメリカアプリ事情】パジャマで診察?バーチャルドクターアプリ「ドクターオンデマンド」の魅力とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
急な病気やケガは子どもにはつきもの。病院のやっていない週末や夜に限って、病気やケガが起こりやすいものです。アメリカでは医療費が日本とは比較にならないほど高く、すぐにお医者さんにかかれないといいます。不便極まりない状況だからこそ、このサービスが重宝されるのでしょうか。今話題のドクター・アプリの人気の秘密を探ってみましょう。

続きを読む…


【アメリカ教育事情】長い夏休みに必須のサマーキャンプ。多彩なプログラムと集客の秘訣は?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
「サマーキャンプ」と聞くと、日本人の私たちが連想するのは、暑い夏に過ごすキャンプ場。一方、海外では子どもたちの長い夏休みを充実したものにするためのさまざまな集中プログラムのことを指します。欧米では、長期休暇中、スポーツや学問系など複数のサマーキャンプに参加させるのが一般的です。日本ではまだなじみが薄いのですが、バラエティーに富んだプログラムがあるアメリカでは、魅力的なプログラムがたくさんあるようです。そのプログラムと集客の秘密を探ってみましょう。

続きを読む…


1 2