マーケティングストーリーラボ(MSL)

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

『グローバル』に関する記事一覧

パリからフランス全土へ!ベジタリアン・ビーガンバーガー人気から学ぶブランディングのヒントとは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
最近日本でも、有機野菜やベジタリアン、マクロビのお店をよく見かけるようになりました。外食続きでもカロリーが低くビタミン豊富な野菜なら、罪悪感なしで楽しめますね。お肉のイメージが強いフランスでも、ベジタリアンビーガンのお店が目立ってきているそうで、なかでも注目なのは、パリを中心に急増中のベジタリアン・ビーガンバーガー屋さんだとか。美容やダイエットといえばまっさきに思いつくのが野菜中心の食事ですが、フランスでベジタリアン・ビーガンバーガーがヒットしているのには、他にも理由があるようです。今回は、フランスでベジタリアンやビーガンバーガーがなぜウケているのか、その背景を探ります!

続きを読む…


日本の「キャンメイク」が「カワイイ」に熱狂するミャンマーで大ヒット!?その成功の秘訣とは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
どこの国でも女性の関心事の一つに「美」への追求がありますが、国によって流行が異なるという特色が数十年前までありました。たとえば、服装やメイクをみれば、ある程度国籍などを想定しやすかったように感じます。ところがインターネットの普及により、情報の共有化が進み、流行そのものも統一されつつあります。現在、アジアで化粧品業界をけん引しているのがコスメ大国として知られる日本と韓国。その他のアジアエリアで両国はしのぎを削っていますが、どうやら経済成長が進むミャンマーで、日本の「カワイイ」が流行中のようです!覗いてみましょう。

続きを読む…


豪州発フォロワー53万人!ビーガンレシピで人気のインフルエンサーから学ぶマーケティングのヒント

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
欧米では、一大マーケットとして定着した感のあるビーガン。背景として、近年の環境や動物愛護に対する意識の高まりももちろんありますが、セレブやインフルエンサーのあいだで流行ったことにも起因するようです。ひと昔前の堅苦しい、取っつきにくい印象がなくなり、身近な存在となりました。日本でも、珍しい野菜や彩豊かなフルーツを扱った自然食レストランやサラダバイキングがあるお店などをよく見かけるようになりましたね。ところかわって、オーストラリアでは、ある女性が始めたビーガンレシピがフォロワー53万人にまで成長しているとか。
今回は、その女性がどのようにしてビーガン料理を提供することになったのか、どのようなマーケティング手法を用いて人気を得たのか、チェックしてみましょう。

続きを読む…


社名はなんと日本語!スタートアップが始めた革命的なフランスのベビーフードとは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」Nanaです。
赤ちゃんには体にいいものをあげたいけれど、毎回手作りは……。ぐずる赤ちゃんをだっこしながら、その都度離乳食を手作りするのは至難の技です。我が家でも、お粥やすりつぶした野菜をまとめて作ったものを小分けにして冷凍したり、顆粒の赤ちゃん出汁などを活用したりしたものです。離乳食作りは日本だけでなく国境を越え、世界中のママたちの悩みの種。今回は、フランスからそんなママたちに強い味方が登場。その名もヨージ(Yooji)!なんでも日本語の「幼児」から名付けられたのだとか。日本では離乳食といえば瓶詰めやレトルトが主流ですが、フランスのオーガニック冷凍離乳食から何か新しいヒントが得られそうです。覗いてみましょう。

続きを読む…


【フランス宅配事情】冷凍食品も「地産地消」!地元民が愛する冷食宅配サービスとは?

こんにちは。世界のママを研究しつくす!「グローバルママ研究所」のNanaです。
家族の健康管理を一手に引き受ける主婦として、買い物をするときもつい裏面をみるのが習慣となっている私。特に子どもたちが毎日口にする食材や加工食品は、栄養面だけでなく安全面にも、注意を払いたいですよね。
今、世界各国でサステナビリティの視点から、そして、地域の農業活性化や食料自給力の向上を目的として、地産地消の取り組みが、注目を集めています。なかでも、地場産の食材は、新鮮であるのはもちろんのこと、生産地が明確で、生産者から消費者までの距離も短く、健康やサステナビリティを重視する消費者の間で、関心が高まっています。
今回のテーマの舞台はフランス。なんと当地では、生鮮食料品のみならず、冷凍食品といった加工食品まで地場産にこだわった、一歩進んだ「地産地消」が話題となっているようです。のぞいてみましょう。

続きを読む…


1 2 3 4 5 6 7 11