マーケティングストーリーラボ(MSL)

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

デジタルプロモーション最新事例を紹介!キーワードは「人とのつながり」


新型コロナウイルスの影響もあり、さまざまな社会・経済活動が急速にデジタルシフトしています。企業のコミュニケーション活動においても大きな変化が生じています。そこで今回は、コロナ禍における企業のデジタルプロモーション事例を紹介していきたいと思います。

また、「プロモーション活動」について、基本事項をおさらいしたい方はこちらをご覧ください。
【基本】マーケティングとプロモーション~4Pと事例をご紹介~

オンライン接客を活用したセールス活動事例

BC(ビューティ・コンサルタント)が商品紹介画像の投稿開始―株式会社コーセー

コーセーの総合美容情報サイト「Maison KOSÉ(メゾンコーセー)」では、実店舗の販売スタッフ(BC:ビューティーコンサルタント)がメイクアップやスキンケア商品の紹介画像の投稿を開始しています。

■POINT
・スタッフレビューの発信
サイトを訪れたユーザーはスタッフの手によるメイク投稿を参考にすることができ、各ユーザーがオンライン上でも本当に自分にあったコスメを選択できるようになります。

新型コロナウイルスの影響により、店頭での接客機会が減ったBCの方々の新たな活躍場所の創出につながる取組みだと感じました。これまでアパレル業界などを中心に積極活用されていたイメージのあるオンライン接客ですが、アパレル以外でも美容や化粧品業界にも積極的に導入されているようです。

・参考:メゾンコーセースタッフコンテンツページ
https://maison.kose.co.jp/staff/contents/

今治タオルの IKEUCHI ORGANIC、オンラインzoomストアをオープン―IKEUCHI ORGANIC 株式会社

https://www.ikeuchi.org/information/2020/04/23/online/

IKEUCHI ORGANIC では、店舗スタッフ(タオルソムリエ)によるzoomを活用したオンライン店舗を4月25日(土)から開催しています(2020年7月31日時点では1日1組開催)。

■POINT
・購入者限定企画
オンライン接客後、購入者を対象として阿部社長みずからレクチャーする「タオルの育て方(メインテナンス)講座」 の受講チケットを進呈。
・オンライン相談会
開催日限定でタオルケットの魅力を紹介する、オンライン「タオルケット相談会」の開催も。

この背景として、新型コロナウイルスの影響による休業中のさなか、コアなお客様から続々と、「お店に気軽に足を運んでいた時のように、店舗スタッフと会話を楽しみたい」「大切な方へのギフトを、タオルソムリエに相談して選びたい」といった声が挙がったことから、zoomを活用したオンライン接客ストアを開催することになったそうです。オンラインを積極的にとり入れることで、お客様との新しいコミュニケーションを構築されている興味深い事例です。

・参考:大切にすべきことは何も変わらない。「オンライン接客」にトライしたALL YOURSとIKEUCHI ORGANICが再確認した顧客との向き合い方 | XD(クロスディー)
https://exp-d.com/interview/7316/

マザーハウスライブストア、はじまる!―株式会社マザーハウス

マザーハウスでは、お客さまとのリアルなつながりを感じてもらえるように新しくオンライン上の「ライブストア」を立ち上げました。

■POINT
・ストアチャット
リアルなお店でのスタッフがチャットを通してオンライン上で対話しながら商品の質問などに答える「ストアチャット」機能を展開。やっぱり対話できるのは大きいですね。
・「マザーハウスTV」
ショッピング情報や生産者の裏側を紹介するドキュメンタリーなど、さまざまな動画プログラムを用意した「マザーハウスTV」。スタッフの「触り感をもってマザーハウスを伝えたい」という思いから出来上がったそうです。

・参考:マザーハウスTV
https://www.mother-house.jp/magazine/event/mhtv

人を集めたクリエイティブが作れないことを逆手にとった広告事例

「ポカリNEO合唱」―大塚製薬株式会社

大塚製薬では、「ポカリスエット」の新CMシリーズ「NEO合唱」の放映を4月10日より大塚製薬オフィシャルYouTubeチャンネルで公開しました。大塚製薬では、「ポカリスエット」の新CMシリーズ「NEO合唱」の放映を4月10日より大塚製薬オフィシャルYouTubeチャンネルで公開しました。

■POINT
・「自撮り」を集めた演出中高生たちの自撮り動画が次々とつながり、歌声が重なりあうことで「合唱」が完成する内容となっており、大勢集まっての大規模撮影ができない状況の中、被撮影側による「自撮り」を用いた演出が話題になっています。

・参考:「ポカリNEO合唱」特設サイト
https://pocari-neogassho2020.jp/

話そう。みんなで―サントリーホールディングス株式会社


サントリーグループでは、「これまでも、これからも。私たちは、つながっている。」を合言葉に、コロナ禍の今できる取組みの一つとして「人と人が話す」ことの重要性を伝えていくWeb動画『話そう。』篇を5月8日より公開。
本動画の制作では新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮し、打合せから撮影・音声収録・編集に至るすべての工程を可能な限りリモート環境で行ったことも話題となりました。

■POINT
・総勢37名の著名人が「話す」
石原さとみさん、長嶋一茂さん、ヒロミさんらの出演を皮切りに総計37名が出演する『話そう。』シリーズが同日以降、順次公開しています。

・参考:「これまでも、これからも。私たちは、つながっている。」取り組みを開始
https://www.suntory.co.jp/news/article/13709.html

 

いかがだったでしょうか。これまで当たり前だった対面コミュニケーションが難しくなった今もこれからも、「人とのつながり」の価値は変わらず求められ続けていくのではないでしょうか。
今回紹介した各企業の事例をふり返ってみても、やはりいかに「人とのつながり」をデジタル上でも実現できないか、ということを重要視しているように感じました。それぞれの企業や部署・売りたい商品やサービスによってアプローチ方法は異なるかもしれませんが、みなさまのマーケティング活動の成功の一助になれば幸いです。

YUIDEA販促・プロモーション事例を下記からダウンロードいただけます。
資料をダウンロードする