マーケティングストーリーラボ

CONNECT THE STORIES, TO LIVE AND LONG ENGAGEMENTS “生きたStoryを感じる”「場創り」と「コンテンツ創り」

News Update

行動ログからモーメントをとらえ、効果的なチャネル配信を

2016年7月20日(水)に開催した、『Willyet』リリース記念イベント「ビッグデータとコンテンツマーケティングの“いい関係”を創る ~コンテンツ×データ×テクノロジーのその先にあるもの~」レポートの第2弾。

トレジャーデータ株式会社 マーケティング担当ディレクター 堀内健后様(イベント当時)にご登壇いただき、デジタルマーケティングの現状からビックデータを活用したマーケティングについて、事例を用いながらご紹介いただきました。

 

第1弾「 商品を買わせるのではなく、ブランドのファンへ。」 はこちら

 

いま、デジタルマーケティングの現場では、広告宣伝・マーケティング・CRMなど、それぞれ担当部署が異なり、お客様は一緒でも部署ごとにお客様のステージやコミュニケーション手段が違うため、お客様を理解する「データ」が部署によって分断化されてしまうケースが多いそうです。

 

 

 

確かに私たちも、クライアントに「それは○○部の管轄だから分からない。データもらうの大変なんだよね…」なんて言われること、よくあります。

ABテストの実行結果、流入元、閲覧ログ、サービス利用状況…あらゆるものがデジタル化されたことで、個人の行動・思考を可視化することができるようになりました。トレジャーデータはそれらのデータを一箇所に集めるDMPを提供されています。

「モバイルを中心にした行動ログから、モーメントをとらえ、コミュニケーションをクロスチャネルで。そしてその統計データを一箇所に集めれば、広告やメールの出し分けなど効果的なチャネル配信をすることが可能になる」とのお話がありました。

弊社サービスの『Willyet』は、そのトレジャーデータのDMPを実装しており、
データを蓄積し、分析できる機能がパッケージ化されているサービスです。

オウンドメディアとしてコンテンツを発信しながら、裏側ではトレジャーデータのDMPと連携することで、ユーザー分析を実現しています。自社ブランドやサービスと相性の良いユーザーを把握することで、効果的なコミュニケーションが可能だとご紹介いただきました。

 

興味がある方は、ぜひ下記サイトをご覧ください♪

 

<関連リンク>

『Willyet』サービスサイトはこちら

『Willyet』の資料ダウンロードはこちら

『Willyet』のサービス動画はこちら